日測協認定オキュペイショナルハイジニスト養成講座

日測協認定オキュペイショナルハイジニストが国際的な資格となりました


IOHAによる認証書


(クリックすると大きな画像が表示されます)

日本作業環境測定協会(以下、日測協)では、日測協認定オキュペイショナルハイジニストが、欧米の資格と並ぶ質のものであることを示すため、国際機関(IOHA)に申請を行っていましたが、平成26年2月20日付けで認証されました。

詳しくは下記【諸外国におけるオキュペイショナルハイジニスト認定制度】【日本作業環境測定協会認定オキュペイショナルハイジニストとは】などをご覧ください。


【現在実施予定の日測協認定オキュペイショナルハイジニスト養成講座】

受講案内・申込書は、実施日の日付箇所、各種書式のダウンロードからダウンロードできます。

カリキュラム

実 施 日

備  考

コース1

平成29年4月11日(火)

(平成29年度)

コース2

平成29年5月23日(火)―24日(水)

コース3

平成29年6月26日(月)―28日(水)

コース4

平成29年9月26日(火)―27日(水)

コース5・6

平成29年9月19日(火)―20日(水)

コース7・8

平成29年10月18日(水)―20日(金)

コース9

平成29年12月5日(火)―6日(水)

コース10

平成29年

以下準備中

コース11

平成29年

コース12

平成29年

評価試験

平成29年4月24日(月)

(平成29年度)

 ※「実施日」欄に開催地の記載がない場合は東京開催です。


【オキュペイショナルハイジーンとオキュペイショナルハイジニスト】

オキュペイショナルハイジーンは、労働者の福祉と健康の保護並びに社会全体の安全を目的として、化学的、物理的、生物学的に有害な作用因子を特定し、それらの有害な因子へのばく露に起因したリスクの程度を評価し、健康障害を防止するためにそれらのリスクを管理する学問分野です。

オキュペイショナルハイジニストは、事業者が職場での健康上のリスクを評価し、管理するために必要な技術的支援を行う等、リスクアセスメント・リスクマネジメントを実施する専門家です。オキュペイショナルハイジニストは、日本ではまだ一般的ではありませんが、欧米では広く認知されており、政府機関や企業等において活躍しています。

日本作業環境測定協会(以下、「日測協」)では、オキュペイショナルハイジニストを育成するための教育プログラムを作成し、平成19年度より専門研修を開始するとともに、オキュペイショナルハイジニスト認定制度等検討委員会を設置し、オキュペイショナルハイジニストの能力、認定要件等の検討を行い、オキュペイショナルハイジニスト認定制度を開始しました。


オキュペイショナルハイジニスト認定制度等検討委員会報告書(PDF;52KB)


オキュペイショナルハイジニストにかかる専門家委員会報告書(PDF;156KB)

   −別紙No.1-1 倫理規程(日本語)2013・4・1改定

   −別紙No.1-2 倫理規程(英語)(PDF;66KB)

   −別紙No.2 オキュペイショナルハイジニスト養成講座カリキュラム(PDF;82KB)


【諸外国におけるオキュペイショナルハイジニスト認定制度】

米国、英国などでは民間公益団体がそれぞれの国内において、オキュペイショナルハイジニストの認定制度を運用しています。

これらの団体が加盟している国際的な民間公益団体であるIOHA(国際オキュペイショナルハイジーン協会)では、良質なハイジニストを各国に育てるために、各国のハイジニスト育成プログラムを審査し、認証(certify)する制度(National Accreditation and Recognition scheme;略称NAR)を運営しており、米国および英国等の欧州、オーストラリアなど12カ国のプログラムが認証されています。

当協会においても、日測協認定オキュペイショナルハイジニストがこれらの国に並ぶ質のものであることを示すため、NARの認証を目指してIOHAに申請を行っていましたが、平成26年2月、認証を得ました。

これによって日測協認定オキュペイショナルハイジニストは、IOHA認定NARスキームによるオキュペイショナルハイジニストとして英国オキュペイショナルハイジニスト、米国インダストリアルハイジニストと同様、世界に通じる肩書きとなりました。今後も、ぜひ大学を含む多くの皆様が日測協認定オキュペイショナルハイジニスト養成講座の受講をされ、知識の整理をされるとともに、本資格を取得されるようお勧めします。


【日測協認定オキュペイショナルハイジニスト養成講座】

日測協では、職場でのリスクアセスメント・リスクマネジメントが適切・円滑に行われるよう、労働環境における種々の化学物質や物理的・生物的因子など健康障害をもたらす要因(ハザード)とそれらハザードが働く人々の健康にもたらすリスクを的確に予測・認識・評価・管理するための知識と技術を有する者を「日本作業環境測定協会認定オキュペイショナルハイジニスト(以下、認定オキュペイショナルハイジニスト(COH:Certified Occupational Hygienist)として認定することとしています。

本制度は、わが国の労働衛生分野の専門的資格である第1種作業環境測定士、労働衛生コンサルタントまたは衛生工学衛生管理者として5年以上の実務経験を有する方々に、さらに国際的見地からハイジニストに求められる化学的、物理的、生物学的および人間工学的な知識を93単位にわたり習得していただき、その後に評価試験(選択式70問、記述式3問)を実施してその合格者を認定するもので、その認定の課程から見ますとわが国のこの分野のもっとも総合的かつ高度の資格と考えられますが、平成26年2月のIOHAの認定により、さらに客観的な評価を得て価値が高まりました。

これまで全体5コースで、1コースは連続3日間ないし2日間で行っていた養成講座を平成24年度からは全体を1日ないし2日間の12コースに細分化し、かつ最短半日ないし時間刻みでも受講できるフレキシブルなシステムとし、格段に受講しやすいものとしました。講師は、国内一流の専門家にご担当いただいております。


日本作業環境測定協会認定オキュペイショナルハイジニスト規程

日本作業環境測定協会認定の「認定オキュペイショナルハイジニスト」は、下記をご覧ください。

  認定オキュペイショナルハイジニスト名簿(PDF;186KB)〔ウェブサイト掲載に同意した方のみ〕


【認定オキュペイショナルハイジニスト評価試験について】

養成講座のコースすべてを受講し、所定の単位を取得した方を対象として、講習内容の理解度を評価するために、「認定オキュペイショナルハイジニスト評価試験(以下、「評価試験」)」を実施いたします。

養成講座コースの履修および評価試験の合格は、「日測協認定オキュペイショナルハイジニスト」の資格付与に必須となります。

認定オキュペイショナルハイジニスト評価試験要綱


【日測協認定オキュペイショナルハイジニストのお問い合わせ先】

公益社団法人 日本作業環境測定協会 研修センター
TEL : 03−3456−1601 FAX : 03−3456−5854



測定協会認定オキュペイショナルハイジニスト トピックス