公益社団法人 日本作業環境測定協会


第2種作業環境測定士講習(共通科目)

講習は3日間行われます
1日目と2日目は講義が、3日目は実習と修了試験(筆記と実技)が行われます

昭和56年6月9日付け基発第342号通達で定められている講習・実習内容は以下のとおりです



   

講義又は実習内容

1日目

「有害因子と健康障害」
 (1) 有害因子の健康に与える影響
 (2) 有害物の取扱いから健康への影響発現に至る経路について

「有害物の体内侵入の形態」
 (1) 呼吸器を介しての侵入
 (2) 消化器を介しての侵入
 (3) 皮膚を介しての進入の形態について

「有害物の量に関する指標」
 (1) ばく露限界(量‐反応、量‐影響関係及び許容濃度)
 (2) 生物学的限界値
 (3) 管理濃度
 (4) 種々の評価基準の位置付けについて

「作業環境管理の進め方」
 (1) 労働衛生管理における環境管理と健康管理の関係
 (2) 作業環境測定の結果に対する評価基準
 (3) 作業環境改善の原則
 (4) 作業環境改善の工学的対策について

2日目

「作業環境測定の目的」
 (1) 作業環境測定の位置付け
 (2) 作業環境測定の目的について

「デザインの方法」
 (1) 測定対象物質の決定
 (2) 単位作業場所の設定
 (3) 測定点の設定方法(A測定及びB測定)
 (4) 測定実施日の選定
 (5) 測定時間等の設定
 (6) サンプリング時間の設定について
 (7) 測定値の整理
 (8) 測定結果の検討
 (9) 評価のための計算の手順について

3日目

「サンプリングの方法」
鉱物性粉じん、特定化学物質等、鉛及び有機溶剤の捕集方法及び捕集した試料の管理方法について

「簡易測定機器とその取扱い」
 (1) 相対濃度指示法
 (2) 検知管法の原理及び取扱い方法について